スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

車両保険は加入したいけど、保険料が上がるよね!

一番安い自動車保険にしたつもりでも、車両保険に加入すると、安くなかったりすることがあります。車両保険に加入して保険料を下げたいなら、免責金額を大きくしておく必要があるかも!エコノミーという手もあるけど、『当て逃げ』に対応していなかったりするからね!一般の車両保険でも、『当て逃げ』の場合、相手の確認ができないと補償されないこともあるから確認しておきたい!安い車なら車両保険もいらないけど、そもそも車両保険の基本は車の評価額以上の保険金はおりないこと!これ対物保険でも同じだけど、相手自動車の年式が古い場合、その車の価値(時価額)以上の修理費となっても、時価額を超える修理費は補償されない!無制限に加入していてもダメなんだよね!ただ、特約で一定額まで補償できるのがあったりする!色々と探してみるといいね!
スポンサーサイト

| 自動車保険 | TOP↑

自動車保険の便利な特約!『もらい事故(被害事故)』の対策を!

自動車保険の基本として挙げられるのが、保険加入者に過失が無い場合の事故には対処できないということ!例えば、被害事故ともいわれる『もらい事故』がその1つ!自分に全く過失がない事故に対して被害を被っても補償されないわけですね。ここで問題になるのが、加害者が過失を認めない場合、さらに賠償する意思がない場合です!基本は、被害者側(自分)の保険会社は、加害者側と示談交渉をしないわけです。これに対処するためには、特約を追加しておく必要があります。ソニー損保の場合、『自動車事故弁護士費用等補償特約』と呼ばれています。これは、弁護士に法律相談をする費用、また訴訟に必要な費用等を補償(限度額内で!)する特約になります。自動車保険 一括見積もりをして、特約を追加する場合などに参考にしてください。この『もらい事故』って意外と多かったりします。女性 自動車保険 一括見積もりにも参考にしてみるといいです!

| 自動車保険 | TOP↑

20代の自動車保険<更新>の特徴!

管理人がそうでしたが、特に20代の頃はお金が無かったこともあり、自動車保険にしても必要最低限の補償しかかけていなかった覚えがあります。そこで当時の管理人が、これだけは注意しておこうと思ったことを最初に紹介しておきます。

・対人や対物は無制限で加入する
・車両保険などは加入しない(購入するのも中古車だけでした)
・無事故を心がける

と、いうものでした。特に若年層は自動車事故が多いこともあり、保険料も高くなりがちです。そのため無事故を続けて、早く年齢制限を外したかったというのが本音でした。

特に保険料に関しては、『年齢制限なし(全年齢担保)』だと物凄く高いですからね!そのため、『21歳以上担保』『26歳以上担保』『30歳以上担保』を早く適用させたかったわけです。

なお『年齢制限なし』と『26歳以上担保』だと倍近く保険料が違いますからね。若い頃は、必要最低限の補償しか付けられなかったわけです。

なお自動車保険でいえば、20代の自動車保険の見直しは多いみたいですね。やはり安い保険料を探している証拠なのかもしれません。これは仕事での年収とも関係があり、やはり更新のタイミングで保険会社をコロコロ変える方が多いようです。

できれば『26歳以上担保』が適用されるようになったら、搭乗者や人身傷害などの保険も加入しておきたいですね。

| 自動車保険・更新のコツ | TOP↑

自動車保険の更新・見直しに一括見積もり!まずは比較が大事!

自動車保険<更新>一括見積もり『保険スクエアbang!』自動車保険の更新や見直しには、無料の一括見積もりが便利です。最近では、最大で20社近くの一括見積もりができる会社もあります。なお多ければ良い訳ではないのですが、やはり少ないと口コミ(クチコミ)などで安い保険料と会社が含まれていないこともあり、やはり多い方が便利といえます。

例えば、ウェブクルーの自動車保険一括見積もり『保険スクエアbang!』では、最大17社の見積もり比較することができます。ただ実際には、17社に見積もり依頼する方は少なく、本命と気になる会社の数社を見積もりするケースが多いです。

安い自動車保険はどこか?


近年、自動車保険を更新する方の多くは、同じ会社で更新しないケースが多いです。それは、事故対応などに疑問を感じたり、単に保険料の問題など様々です。ただ自動車保険を比較しやすくなったせいもあり、更新のたびに保険会社を変えて対応を見極める方が増えているといえます。

なお自動車保険の保険料についていえば、毎年同じ会社が安いわけではありません。安い保険会社は、毎年違うと認識しておいた方がいいですね!

なお口コミで評判のいい自動車保険といえば、チューリッヒやソニー損保などがあります。ただ、これらの会社は一般の乗り方をする方にとって便利な会社になります。例えば雪国の場合、雪道での事故って独特ですよね。これを一般の事故と当てはめて考えられると、その対応に不満を感じる方が少なくありません!

これは特殊なケースかも知れませんが、自動車保険の更新では色んな会社を使うチャンスでもあるので、特に保険会社を特定していない方はいろいろ見積もりを取ってみると良いかもしれませんね!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり請求!保険料の徹底比較も可能!

| 自動車保険・比較のススメ | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。