スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

車両保険は加入したいけど、保険料が上がるよね!

一番安い自動車保険にしたつもりでも、車両保険に加入すると、安くなかったりすることがあります。車両保険に加入して保険料を下げたいなら、免責金額を大きくしておく必要があるかも!エコノミーという手もあるけど、『当て逃げ』に対応していなかったりするからね!一般の車両保険でも、『当て逃げ』の場合、相手の確認ができないと補償されないこともあるから確認しておきたい!安い車なら車両保険もいらないけど、そもそも車両保険の基本は車の評価額以上の保険金はおりないこと!これ対物保険でも同じだけど、相手自動車の年式が古い場合、その車の価値(時価額)以上の修理費となっても、時価額を超える修理費は補償されない!無制限に加入していてもダメなんだよね!ただ、特約で一定額まで補償できるのがあったりする!色々と探してみるといいね!
スポンサーサイト

| 自動車保険 | TOP↑

自動車保険の便利な特約!『もらい事故(被害事故)』の対策を!

自動車保険の基本として挙げられるのが、保険加入者に過失が無い場合の事故には対処できないということ!例えば、被害事故ともいわれる『もらい事故』がその1つ!自分に全く過失がない事故に対して被害を被っても補償されないわけですね。ここで問題になるのが、加害者が過失を認めない場合、さらに賠償する意思がない場合です!基本は、被害者側(自分)の保険会社は、加害者側と示談交渉をしないわけです。これに対処するためには、特約を追加しておく必要があります。ソニー損保の場合、『自動車事故弁護士費用等補償特約』と呼ばれています。これは、弁護士に法律相談をする費用、また訴訟に必要な費用等を補償(限度額内で!)する特約になります。自動車保険 一括見積もりをして、特約を追加する場合などに参考にしてください。この『もらい事故』って意外と多かったりします。女性 自動車保険 一括見積もりにも参考にしてみるといいです!

| 自動車保険 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。